知らないと損をする! 知っておきたいwi-fi基礎知識&徹底比較 

wi-fiとはルーターで受信した回線をLANケーブルなしで使用機器に飛ばすことができる画期的な通信方法です。wi-fiには自宅にひいた光回線などをルーターを通して家中に飛ばす方法と、モバイルルーターで直接回線をひろって使用する機器に飛ばす方法があります。

1:現在におけるwi-fi環境についての概要

いまや生活にかかせないwi-fi(ワイファイ)。wi-fiとは自宅等に光回線などのインターネット回線を引き、無線LANルーターを設置してwi-fiに対応しているスマホやPC、ゲーム機器などに接続する方式です

また最近ではモバイルwi-fiルーターで直接電波を受信して使用する機器に飛ばす方法も多く使われています。wi-fiは家の中でも外でもストレスフリーなネット環境を作り出すことができるだけでなく、うまく使いこなせれば携帯料金を抑えることもできます。プロバイダーによっては、日本だけでなく海外でも普段と同じようなネット環境を作り出すことが可能です。

wifiwi-fiの登場は生活スタイルそのものにも革命的な変化をもたらしました。かつては壁や電話線から引っ張ったLANケーブルにPCなどをつないでネット接続をすることが当たり前でした。PCが使える場所はLANケーブルの届く範囲に限られてしまうため、あちこちにLANケーブルを這わせたり、そこにホコリが溜まったり、ケーブル同士が絡まったり…など、色々と面倒なことがありました。しかしwi-fiの登場によってLANケーブルは一掃され、目に見えない無線という形でネットに接続できるようになり、家はスッキリ、電波が届く限りどこでも自由にネットが使えるようになりました。また家の外では「wi-fiスポット」と言われる公衆無線LANを使用することができるようになり、PCやタブレットなどを外出先でも使用できる機会が増えました。

最近「WiMAX」という言葉をよく耳にしますが、このWiMAXとwi-fi、字面や響きが似ているので混同しがちですが、wi-fi=WiMAXではありません。wi-fiがネット接続の状態を示す言葉なのに対して、WiMAXとは回線の規格のことで、正式名称はWiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)といいます。これは携帯電話の4G、LTEなど通信規格の世界基準の1種です。日本ではKDDIグループのUQコミニケーションズがサービスを提供しています。4G、LTEが電話回線としての役割も果たすのに対し、WiMAXは電話通信ができないこと、これが一番大きな違いであり、特徴です。つまり、WiMAXは携帯用の通信規格ではなく、それ以外のネット通信のための回線として使用されるものとして認識すると分かりやすいでしょう。

WiMAXは2009年よりサービス提供が始まった比較的歴史の新しいものですが、その手軽さと速さから利用者を増やしています。WiMAXはサービスの提供元であるUQコミュニケーションズ「UQ WiMAX」の他に、WiMAXのプロバイダーとして「GMOとくとくBB」「BroadWiMAX」などが回線提供をしています。プロバイダーとは、回線のサービス提供をしている大元の会社から、その販売を委託されている代理店のことです。つまりプロバイダーが異なっても使用する通信規格は同じものなので、基本的に通信速度やつながるエリアの違いはありません。各社それぞれ使用するモバイル機器や価格設定、付加サービスなどで差別化を図り、より多くの利用者獲得にしのぎを削っています。2018年現在において、WiMAXは20社以上のプロバイダがサービス提供をしています。

2:ネット環境の大革命・wi-fiの特徴とは?

wi-fiには自宅などに光回線などの固定回線をひき、そこから採った回線をルーターを通して部屋中に飛ばす方法と、モバイルwi-fiルーターで直接回線を採り、それを使用する機器に飛ばす方法があります。どちらの方法にしても、LANケーブルなしでネット接続を実現させたことがwi-fiの大きな特徴です。wi-fiによってPCなどを使用する場所や環境の制約がなくなったことで、生活スタイルまでガラリと変わろうとしています。今まではLANケーブルが届く範囲でしか使えなかったPCが、wi-fiのおかげで家中どこでも使えるようになりました。モバイルwi-fiルーターを使用すればwi-fiスポットなどを探さなくてもどこでも回線を採ることができるようになったため、外出先や旅行先などでも普段と変わらぬネット環境が実現できるようになりました。また一度に複数の機器をネット接続できる点もwi-fiの大きな特徴です。それによりPCを使いながらiPodで音楽を聴いたり、家族がそれぞれの機器でゲームを楽しんだりすることが可能になりました。

固定回線を利用したwi-fiは速度も接続状態も安定していてデータ量も制限なく使用できるため、ヘビーユーザーや家族で回線をシェアしたい場合にはこちらが向いています。ただ固定回線は配線工事が必要になるため、場合によっては壁に穴を開けたりしなければなりません。その点、モバイルwi-fiルーターを使ったwi-fiは回線を引く必要がないため工事も不要、モバイルwi-fiルーターのスイッチをオンにして簡単な設定をすればすぐにネット接続ができる手軽さと便利さが大きな特徴です。ただモバイルwi-fiルーターを使ったwi-fiはデータ量の制限があったり、連続して使い続けると速度制限がかかったりすることがあるので、向き不向きがあります。

wi-fiに使用される通信規格は大きく分けて大手携帯キャリアが供給している4G、LTEなどと、UQコミュニケーションズが供給するWiMAXがあります。4G、LTEで代表的なのはソフトバンクグループの「Yahoo!wi-fi」「Y!mobile」「NEXTmobil」などです。WiMAXは「UQ WiMAX」「GMOとくとくBB」「BroadWiMAX」などが回線を提供しています。回線を供給している会社のことをプロバイダーと言いますが、同じ回線を使用する場合であってもプロバイダーごとに料金やデータ通信機器などが異なる点に注意が必要です。また同じ回線でも受信する機器のスペックにより速度や接続状態が変わってきます。一般的には最新機種ほどスペックが高く、早く安定したネット通信ができるという特徴があります。

wi-fiの登場によりネット環境は劇的に変化し、生活スタイルそのものまで大きく変化したと言っても過言ではありません。wi-fiにより家の中はもちろん、野外でも旅行先でも、普段と変わらぬネット環境を維持できるようになり、自宅にいる時は携帯をwi-fiモードに切り替えることにより、携帯会社のデータを消費しなくて済むため、携帯料金を安いデータプランに切り替えることも可能になりました。最近では格安携帯とwi-fiの組み合わせで賢く携帯料金を抑えている人も多いようです。こうした背景から携帯会社は大きなシフトチェンジを余儀なくされ、各社の競争もますます激化しています。

3:wi-fiの最大のメリットはどこでもネット環境が生み出せること!

wi-fiには様々なメリットがありますが、最も大きなものとしては「どこでもネット環境が生み出せる」ということでしょう。LANケーブルに接続することなくネット接続ができるだけでなく、特に専門的な知識がなくても誰でも簡単にネット接続が可能になったことは大きなメリットです。またモバイルwi-fiルーターなら「回線工事などが不要」「旅行先、出張先、引っ越し先でも手続き不要ですぐにネット接続ができる」などたくさんのメリットが挙げられます。またwi-fiを上手に使えば携帯料金をグッと抑えられることも見のがせません

wifi「どこでもネット環境が生み出せる」と言っても、光回線などの固定回線の場合は、回線を飛ばせる範囲は家の中だけに限定されます。家の外では公共wi-fiスポットを探したり、モバイルwi-fiルーターを別途持ち歩く必要があります。ただ、固定回線は接続状態や速さが安定しており、複数の機器を同時につないでも大丈夫という安心感や、使用制限を気にせず思い切り使えるというメリットがあります。家族が多い場合や、たくさんの機器を同時に使用したい場合などは固定回線でWi-fiを使用した方がいい場合もあります。また最近は公共wi-fiスポットも増えてきて、接続状態も安定してきているので、会社やカフェなどPCを使う場所が決まっていたり、あまり外でネットを使わないという場合は、固定回線の方が料金を抑えられるというメリットもあります。

一方、モバイルwi-fiルーターを使用した場合は家の中、外を問わず、サービスエリア範囲であればどこでもネット環境が作れます。「Y!mobile」などは海外でも利用することができるため、世界中でネット環境を確保できるというメリットがあります。機器が届いてスイッチをオンにしたらすぐにネット通信が可能になるという手軽さもモバイルwi-fiルーターの大きなメリットです。工事などは不要なため、工事にまつわる日時の確保や立会、費用なども一切不要です。引っ越しをしてもそのまま引っ越し先で今までと同じように使うことができることもメリットでしょう。気になる料金ですが、自分の使用量をよく考えて無駄のないプランを選べば、支払う料金に見合うだけの快適なネット環境を手に入れられるはずです。

4:wi-fiを利用するデメリットとは?

wi-fiはLANケーブルに比べて通信速度が遅い、安定しない、などと言われたのは過去の話。今や通信状態においてwi-fiのデメリットはほとんどないと言えるでしょう。ただ、室内の場合、どうしても回線をひろいにくい場所があったり、壁などの障害物が遮ってしまう場合もありますが、場所をずらしたり、位置を変えれば解消することも多いので、さほど気にはならないでしょう。携帯とwi-fi、両方の料金を払わなければならないことがデメリットと言えるかもしれません。ただこれも、使い方を工夫して携帯料金をできるだけ抑えることである程度までは緩和できるものです。契約する前には自分の携帯、PCなどの使用状況をきちんと見渡して、ムダのないプランにすることがポイントです。また生活環境の変化に応じてプランを変えたりすることも費用を抑えるポイントですが、プロバイダーによっては3年縛りなどがある場合もあり、臨機応変にプラン変更ができない場合もあります。生活環境が変わる可能性がある場合は「GMOとくとくBB」など、プラン変更がしやすいプロバイダーと契約するのも一つの手です。「GMOとくとくBB」では使用量が多い月には「ギガ放題プラン」、使用量が少ない月には「通常プラン」と、使用状況に合せてプラン変更が可能となっています。

便利さや手軽さにおいてはデメリットが感じられないwi-fiですが、プロバイダーごとにサービス内容や料金設定に幅があり、どれを選べばよいか分かりづらくなっています。あまりネットに詳しくない人にとっては、「よく比較検討しましょう」と言われても、いったい何を見てどこを比較すればよいかも分からないかもしれません。派手な人目をひく広告や謳い文句に誘われて、「何となく良さそう…」と契約してしまったものの、自分の使い方にはマッチしていなかったということもあります。また解約したくても高い違約金を払わなくてはならず、それがもったいないからと泣く泣く継続しなければならないケースもあります。「基本料金、超格安月額○○円!」などの広告に「え!安い!」と飛びついてしまうのは危険です。このような広告は基本的に一番安いプランの料金を表示してあることがほとんどで、自分の使用状況にはその料金プランでは合わない、というのはよくある話です。また確かに月額プランは安かったとしても、それ以外のオプションや機器代金などがかかって、トータルとしては他社よりも高くついた、ということも。こうした料金設定の分かりづらさがデメリットと言えるかもしれません。