ユーザー目線のサービスを展開する「NEXT mobile」

NEXTmobileはソフトバンク回線を使用したwi-fiサービスです。安定した高速通信と分かりやすくシンプルな料金体系が特徴です。速度制限がないこと、初期費用が0円、端末料金も無料キャンペーン期間中という点も魅力です。

1:NEXTmobile速度について ~安定のソフトバンク回線利用で良好な通信状態~

NEXTmobileの通信速度はSoftBank 4G LTEエリアとSoftBank 4Gエリアのキャリアアグリゲーション(CA)対応端末で下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。安定のソフトバンク回線を利用しているため、全国どこでも良好な通信速度が得られます。ソフトバンク回線の人口カバー率は99%のため、旅行や出張先でもNEXTmobileのwi-fiさえあれば安心して普段と同じ通信環境が確保できます。またWiMAXでは届きにくい山間部などにも届きやすいというアドバンテージもあります。
データプランは20GB、30GB、50GBの3つですが、どのプランでも月間容量を越えない限りは速度制限が発生しません。速度制限とは3日間で10GB以上利用するなど大容量のデータ利用があった際、回線の混雑回避やネットワーク利用の公平性を確保するためにサーバー側が速度制限をかけることです。どんなに速い回線や優れたスペックの端末を利用していても、この速度制限がかかってしまうとガクッと速度が落ちてしまいます。多くのキャリアでこの速度制限が設けられていますが、NEXTmobileにはこの速度制限がありません

2:NEXTmobileの特徴 ~たっぷり使える大容量と安定の通信状態が嬉しい~

wi-fiNEXTmobileの特徴は大手通信会社ソフトバンクの回線を利用していることです。人口カバー率99%のソフトバンク回線は全国どこでもつながりやすく、Wi-Fiルーターさえあればいつでもどこでも良好な通信環境が得やすいことが大きな特徴です。地下街や地下鉄、建物の中など電波が届きにくい場所でも安定した通信状態がキープしやすく、ストレスフリーなネット環境を整えることができます。また月間容量を超えない限り速度制限が発生しない点も他社と比較して評価されています。月間データ容量も20GB、30GB 、50 GBと3段階の設定があり、料金設定も分かりやすい点が評価されています。

申し込んでからのアクションが早いことも見逃せません。申し込み後、早ければ即日に端末を発送、最短で翌日からすぐにWi-Fiを使い始めることが可能です。端末発送料は全国どこでも無料、回線工事や面倒な手続きなどもなく、簡単な初期設定だけですぐに利用開始できるため、今までwi-fiを使ったことがないビギナーでも安心して使い始めることができます。NEXTmobileはソフトバンク回線を使っているという点ではYahoo!Wi-FiY!mobileWi-Fiと同じですが、後発組のため知名度がまだ今一つの印象があります。しかし、サービス内容をよく見るとユーザー目線に立った良質なサービスを提供している点が評価を上げています。

3:NEXT mobileの費用について ~月間使用量が多いほどコスパが向上~

NEXT mobileの料金プランは20GBプラン、30GBプラン、50GBプランの3つです。 20GBプランは月額料金2,760円と低価格でwifiを楽しめるプランです。データ使用量が多くないライトユーザーで、料金を安く抑えたい方におすすめです。30GBプランは月額料金3,490円、たっぷり使えて料金もお手頃の1番人気のプランです。ヘビーユーザーには50GBプラン月額金4,880円がおすすめ。どのプランも混雑回避のための使用量制限などはなく、快適なwi-fi環境を楽しむことができます。1GBあたりのコストは月間データ量が多いほどコスパがよくなり、20GBプランは約138円、30GBプランは約116円、50GBプランは約97円となっています。

支払い方法はクレジットカード決済となりますが、30GBプランのみ口座振替も可能です。その場合は口座振替手数料200円が別途発生します。どのプランも最大24カ月の契約となり、25ヶ月目以降は、20GBプラン:3,695円、30GBプラン:3,695円、50GBプラン:5,815円となる点に注意が必要です。
wi-fiを契約する際に月額料金以外にかかる費用としては初期費用、事務手数料、端末料金などがありますが、NEXTmobileはどのプランでも初期費用は0円です。事務手数料は一律3,000円となっています。また2016年3月17日から端末代金無料キャンペーンを実施中です。このキャンペーンは公式サイトから申し込んだ場合に適用されます。対象となるモバイルwi-fi端末はFS030Wのみですが、ホームタイプのHT100LNもこのキャンペーンの対象となっています。

シンプルで分かりやすい料金体系が魅力「Y!mobile」

Y!mobileはソフトバンクグループのwi-fiサービスの一つです。3つのプランのうち「Pocket WiFi海外データ定額」は海外でも対応可能となっています。通信規格はLTEとAXGPを採用しているため速さと安定感があります

1:Y!mobile wi-fiの通信速度  ~通信速度Wi-Fi史上最速の下り最大612Mbps~

Y!mobileWi-FiはYahooWi-Fiと同様に通信方法はLTEとAXGPを採用しています。Pocket WiFiプラン2のメイン機種603HWの通信速度は下り最大612Mbps、そして上り最大37.5Mbpsと上り下りとも高速通信が可能となっています。Pocket WiFiプラン2ライトには506HWと601ZTが対応。506HW、601ZTどちらも通信速度は下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbpsです。Pocket WiFi海外データ定額には専用端末701UCが対応していますが、通信速度は下り最大72Mbps、上り最大37.5Mbpsとなっています。
「Pocket WiFiプラン2」に対応しているデータ端末「603HW/HUAWEI」は、超高速通信を可能にする最新端末です。通信速度下り最大612MbpsはWi-Fi史上最速、対応エリアは現在のところ一部エリアのみですが、これから順次、全国の主要都市を中心に展開していくことが予定されています。ただ、回線の混雑状況や通信環境によって最大通信速度は変わってくるので、常時この速度がキープできるわけではない、ということは覚えておきたいポイントです。また3日間で約10GB以上利用した場合などに通信速度約1Mbpsという速度制限がかかる場合があります。規約によると制限される時間帯は当日の18時からから翌日1時となっています。これは回線の混雑回避やネットワーク利用の公平性を確保するために行われるものです。

2:Y!mobileの特徴 ~国際派には「海外データ定額対応」がおすすめ~

海外Y!mobileはもともとイー・アクセス株式会社がサービス提供をしてきたイーモバイルをソフトバンクグループのYahooが吸収合併したことによってY!mobileとなりました。通信規格が同じソフトバンクグループのYahooWi-Fiと同じそのためです。Y!mobileWi-Fiはどのプランでも契約期間が3年となっています。データ使用量は月間7GBまでとなっており、7GBを越えてしまうと、速度が送受信時最大128Kbpsまで低下します。ただ、PocketWiFiプラン2の場合、月額684円のアドバンスモードに設定すれば7GBを越えてもそのまま高速通信を行うことが可能となっています。
またY!mobileWi-Fiには普段使っているPocketWi-Fiが海外でも使えるサービスがあることも大きな特徴です。「Pocket WiFi海外データ定額対応」は国内利用はもちろん、海外100か国以上で普段のデータ端末を使ってデータ通信を行うことができます。海外では国際ローミングから普段使用しているWi-Fiルーターを使ってデータ通信をすることができます。出張や旅行などで海外に行く機会が多い人は海外対応のWi-Fiデータ端末をレンタルしたり、帰国後返却し忘れたり、という煩わしさから解放されるというメリットがあります。データ通信容量は日本国内と海外それぞれ7GBずつとなっています。

3:Y!mobileの費用について ~シンプルで分かりやすい料金体系~

Y!mobileのポケットWi-Fiには「Pocket WiFiプラン2」「Pocket WiFiプラン2ライト」「Pocket WiFi海外データ定額」の3つのプランがあります。「Pocket WiFiプラン2」は3年契約で月額3,696円です。月間データ通信容量は7GBまでとなっていますが、データ端末が603HWなら月額684円をプラスして「アドバンスオプション」をつけることが可能です。アドバンスオプションとは、端末をアドバンスモードに設定することで、通信容量の7GBを越えても高速データ通信が行えるサービスです。Pocket WiFiプラン2ライトは3年契約の場合月額2,480円で月間データ通信容量は5GBまでとなっています。どちらのプランも契約期間を設けずに契約した場合はベーシックプランとなり、プラン2は月額5,696円、プラン2ライトは月額4,480円とグッと割高になるため、3年契約の方がお得となりますが、途中解約をしてしまうと解約料金がかかってしまい、かえって割高になってしまうこともあるので注意が必要です。
Pocket WiFi海外データ定額は3年契約で月額基本料3,980円となっていますが、これはPocket WiFiプラン2(さんねん)3,696円に海外データ定額284円をプラスした額となっています。たとえ海外での利用がない月でもこの海外データ定額は月々支払うことになります。海外で利用した場合は海外データ定額利用料が1日90円かかります。

ポケットwi-fiの進化を体感できる「Yahoo!Wi-Fi」

Yahoo!Wi-Fiはヤフー株式会社の提供するwi-fiサービスです。回線はソフトバンク携帯などと同じAXGPを採用しています。AXGPとLTEによる速さと安定性がストレスフリーなwi-fi環境を生み出します

1:Yahoo!Wi-Fiの速度について 〜ポケットWi-Fiの進化を体感できる高速通信〜

Yahoo!Wi-FiはY!mobileと同じ回線を利用しているため、基本的にはY!mobileと通信速度は変わりありません。Yahoo!Wi-FiはY!mobileのLTEエリアとAXGPエリア、2つの周波数帯を合わせて通信するキャリアアグリゲーション(CA)対応により、より超高速のデータ通信が可能となっています。モバイルwi-fiルーター端末「603HW」はYahoo!Wi-Fi史上最速の下り最大612Mbpsを実現し、ポケットwi-fiの性能の進化を強く印象づけました。現在は一部エリアにてサービス提供が行われており、提供エリアは順次拡大中です。
Yahoo!Wi-FiはWiMAXと同じ2.5GHzという高い周波数帯を使用しています。建物や壁などの障害物に当たると回り込んで届く低周波数帯のため、つながりやすく回線状態が安定していることがストレスフリーなwi-fi環境を生み出しています。

2:Yahoo!Wi-Fiの特徴 〜次世代通信規格AXGPによる安定した高速通信〜

プレミアム会員Yahoo!Wi-Fiは「Yahoo!JAPAN」を提供しているヤフー株式会社のポケットwi-fiです。多くの競合他社がWiMAXを採用している中、Yahoo!Wi-Fiはソフトバンクの傘下にある電気通信事業者Wireless City Planningが採用した次世代通信規格AXGPを使用しています。下り最大110Mbps上り15Mbpsという高速データ通信を可能にしたAXGPは、PHSの技術を取り入れて開発されたものです。ソフトバンクでは「SoftBank4G」という名称でAXGPの通信サービスを提供していますが、Yahoo!Wi-FiもY!mobileもこれと同じ回線網を使用しています
Yahoo!Wi-Fiは初期費用が契約手数料3,000円のみで、月額費用以外の様々なオプション費用などがかからず、シンプルにWi-Fiを始められることが特徴です。月額料金は業界最安値級とかなり低価格のプランが用意されていますが、ネット使用状況によってはこの最安値プランでは使い勝手が悪いこともあります。
またYahoo!JAPANの決済サービスであるYahoo!ウォレットを利用するため、申し込み、支払などの手続きが簡単に行えることも特徴です。Yahoo!プレミアム会員なら毎月のデータ容量上限なしのプランが月額1,980円から利用可能です。これは最大12カ月間使えるYahoo!プレミアム会員ならではの特典です。

3:Yahoo!Wi-Fiの費用について ~Yahoo!プレミアム会員ならではの特典付き~

Yahoo!Wi-Fiの主力機種「603HW」の料金プラン「Yahoo!Wi-Fi4G/LTEデータプラン2」は3年契約で加入した場合は月額3,696円となっています。このサービスは月間データ通信容量上限なし、さらに「アドバンスオプション」がついています。アドバンスオプションとはWi-Fi本体の設定を変えることで、7GBを越えても高速データ通信が可能になるサービスです。このオプション料金は月額684円かかりますが、加入月から3ヶ月間はオプション料0円となっています。また同様に、Yahoo!プレミアムも加入月から3ヶ月間は月額462円が無料となります。支払方法はクレジットカード決済の他に銀行口座振替も選ぶことができます。
もう一つの機種「506HW」は3年契約プランで月額1,980円の業界最安値級ポケットWi-Fiです。もともとは月額2,480円ですが、Yahoo!プレミアム会員特典として最大12カ月割引特典がつくため、月額1,980円となっています。13ヶ月目からは通常の月額2,480円となります。Yahoo!プレミアム会員を解除した場合は、解除月から月額3,696円となる点に注意が必要です。どちらのプランも申し込みの際には契約事務手数料3,000円と、ユニバーサルサービス料がかかります。ユニバーサルサービス料とは電話サービスなどを公平に安定して利用できるように、通信会社全体で分担して費用を負担するシステムで、1回線ごとに1ヶ月2円ずつかかります
Yahoo!Wi-Fiは契約期間がいずれも3年となっているため、途中解約した場合は契約解除料を払わなければなりません。契約解除料は契約月からの経過時間によって細かく定められており、経過時間が短いほど料金は高くなります。せっかく安いプランに契約しても、途中で解約することになってしまうと、高い契約解除料を払わなければならず、結果として高くついてしまうことがあるので気を付けましょう。

多彩なキャンペーンを上手に利用したい「BroadWiMAX」

Broad WiMAXはWiMAXプロバイダーの中でも後発組に入りますが、月額料金の安さや多彩なキャンペーンで注目を集めています。人気は月間データ容量制限なしのギガ放題プランです。どのプランでもLTE使用料が無料なことも大きな特徴です

1:BroadWiMAXの速度について ~業界史上最速!下り最大708Mbpsを実現~

WiMAXBroadWiMAXには「Speed Wi-Fi NEXT WX04」「Speed Wi-Fi NEXT W05」「L01s」の3機種がありますが、いずれもWiMAX2+、au 4G LTEに対応しています。L01sはホームルータータイプですが、従来のwi-fiのような工事は不要です。W04、W05タイプはポケットwi-fiのモバイルルーターとして使用します。最新機種のW05は4×4MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)という技術によってWiMAX史上最速の下り速度最大708Mbpsを実現させました。4×4MIMOとは複数データの超高速通信を可能にした技術で、4×4とはアンテナが基地局と端末に4本ずつあることを意味しています。またキャリアアグリゲーションとはWiMAXとLTEなど複数の帯域を同時に利用することで、さらに高速の通信速度をもたらす技術です。下り最大708Mbpsは端末のハイスピードエリアモードを設定した場合の速度となります。現在は東名阪の一部のエリアを中心にサービスを展開中です。

2:BroadWiMAXの特徴 ~多彩なキャンペーンを上手に利用すればかなりお得!~

BroadWiMAXとはインターネットサービス販売業者である株式会社Link Life(リンクライフ)が運営するWiMAX提供サービスです。WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供している通信規格の名称で、提供元であるUQコミュニケーションズはUQ WiMAXの名称でサービスを提供していますが、それ以外にも各プロバイダがWiMAXをUQからレンタルする形でユーザーに提供しています。BroadWiMAXはWiMAXプロバイダーの中では後発組に入りますが、後発組ならではのフットワークの軽さを活かして、他社にはない様々な新サービスを展開しています。その一つが「ご満足保証」です。これはBroadWiMAXから他社に乗り換える際に違約金を0円にするというもので、通信業界初のサービスとして注目を集めています。BroadWiMAXに契約したものの、期待したような通信環境が得られなかったり、利用状況が変わったので解約したいというような場合に、指定された回線であれば違約金なしで乗り換えができる仕組みです。これまでは途中解約すると多額の違約金を取られた上に、他社と契約し直すという面倒なプロセスを踏まなければなりませんでしたが、この「ご満足保証」はそれを逆手にとったユニークなサービスと言えるでしょう。また「全端末0円キャンペーン」では最新端末を含む全てのデータ端末の代金が無料となります。キャンペーン期間は2016年3月1日から始まっており、終了次期は現在のところ未定です。

3:BroadWiMAXの費用について ~圧倒的な月額料金の安さに注目!~

BroadWiMAXはその安さが大きな魅力です。データ使用量7GBまでのライトプランは月額料金2,726円です。普段あまりPCを使わなかったり、webサイトの閲覧やメールの送受信などがメインの人におすすめのプランです。ライトプランは最大で25ヶ月までで、それ以降は3,326円と料金が変わる点には注意が必要です。
月間データ容量制限なしで、たっぷり使いたい場合は「ギガ放題プラン」の一択となります。ギガ放題プランは最初の3ヶ月はライトプランと同じ2,726円で利用することができるので、どちらのプランにするか迷ったら、まずギガ放題プランにしておくといいでしょう。3ヶ月目以降は月額3,411円となります。プランは後から変更することが可能で、申請は1ヶ月に1回、月の25日までに申請すれば翌月から適用となります。LTE利用料が全て無料という点もBroadWiMAXの大きな特徴です。他社ではプランによって利用料が月額1,000円程度かかる場合もありますが、BroadWiMAXはライトプランでも無料となっています。
BroadWiMAXは初期費用が18,857円と高額なことがネックだと言われますが、現在実施中のWeb割キャンペーンを利用すればこの初期費用は0円となります。これは月額最安プランをWebフォームよりクレジットカード払いで申し込み、さらに「安心サポートプラス(月額550円)」、そし「My Broadサポート(月額907円)の2つの有料オプションをつけることが条件となります。この有料オプションはデータ端末到着後に無料で解約することが可能です。これを解約し忘れるとかえって費用が高くついてしまうので、この点には注意が必要です。このキャンペーンは2016年3月1日から開始され終了時期は現在のところ未定です。

手厚いサポート体制とキャッシュバックが魅力「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBはサポート評価で三ツ星を獲得、利用者の立場に立ったサービスが好評です。人気のギガ放題プランは通信量制限なしでたっぷりデータ通信を楽しむことができます。最大39,400円のキャッシュバックも見逃せません。

1:GMOとくとくBBの速度について ~とにかく早いWiMAXで動画もサクサク~

GMOとくとくBBはWiMAXのプロバイダーです。したがって、提供される通信規格はWiMAX 2.1規格を採用したWiMAX 2+となっています。WiMAX 2+はとにかく速いことが大きな特徴です。特に下り最大440Mbpsはweb閲覧はもちろん、YouTube、Netflixなどの動画閲覧などもサクサク快適に楽しむことができます。この下り最大速度は利用する機器やエリアの対応状況により220Mbps~110Mbpsと変動します。こうした速度の変動はGMOとくとくBBに限ったことではなく、WiMAX全般に言えることです。広告に表示されている速度は、上りも下りも測定最大値を示しているだけで、常時そのスピードが確保されているという訳ではありません。むしろ、通常のwi-fi環境ではその速度がでないことが多いと考えていた方がいいかもしれません。実際の通信速度は使用する端末やエリア、利用状況などによってかなり変動します

2:GMOとくとくBBの特徴 ~利用者の立場に立ったサービスは三ツ星レベル~

キャッシュバックGMOとくとくBBとは東証1部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダーです。GMOインターネットグループはドメイン事業、レンタルサーバー事業において国内シェアNo.1を誇っています。プロバイダー運営実績も10年以上、良心的な料金設定、安心のサポート体制などが高く評価されています。大きな特徴として挙げられるのは業界最高額のキャッシュバックです。これによりトータルの費用をグッと抑えることができる点が利用者を増やしています。また申し込みをしてからの対応が素早く、データ端末は申し込み完了後、すぐに当日発送され、早ければ翌日から使用することが可能です。さらに契約してから20日以内であれば違約金なしで解約ができるなど、利用者の立場に立ったサポート体制が高く評価されており、サポート評価で三ツ星を獲得しています。
GMOとくとくBBは最新端末を2年契約できる点も見逃せない特徴です。データ端末は日々進化を遂げており、例え購入段階で最新機種だったとしても、2年後にはすでに旧機種、型落ちとなります。またバッテリーの持ちなども劣ってくるため、2年くらいで契約を見直して最新機種と交換したり、新たなキャンペーンを利用したりする方がメリットが大きいでしょう。
GMOとくとくBBには 月7GBを超えると速度制限がかかる通常プラン と、通信量制限のないギガ放題プランがあります。圧倒的人気なのはギガ放題プランで、約90%以上のユーザーがギガ放題プランを選んでいますが、注目すべきはギガ放題プランと通常プランは月単位でプラン変更ができるという点です。変更手数料はかからず、何度でも変更することが可能です。様々な事情からあまり使用しないと分かっている月がある場合は通常プランに変更するなど、こまめに利用状況を見直してプランを組み替えることで、料金を抑えることが可能です。このプラン変更ができることもGMOとくとくBBの大きな特徴といえるでしょう。

3:GMOとくとくBBの費用 ~最大39,400円のキャッシュバックがすごい!~

GMOとくとくBBの料金プランは大きく分けて「通常プラン」と「ギガ放題プラン」の2つです。通常プランは月額3,609円、ギガ放題プランは月額4,263円ですが、初回申し込み時にギガ放題プランで申し込んだ場合、端末発送時から最大3ヶ月間は通常プランの3,609円でギガ放題プランが利用できます。まずはギガ放題プランで申し込んで、利用状況を確認しながら利用し、もしあまり使用しないようであれば通常プランに変更する、というのが賢い選択といえるでしょう。このお試し期間は端末発送月とその翌月を1ヶ月目と数えて、1~2か月目が対象となります。例えば端末発送日が7月1日であれば、7、8月が1ヶ月目、9月が2か月目となるため、7~9月の3ヶ月間、通常プラン料金でギガ放題プランが利用できるということになります。
またGMOとくとくBBの大きな特典として最大39,400円のキャッシュバックがあります。キャッシュバックは契約年数が長いほど高くなりますが、最短2年の契約からでもキャッシュバックが受けられる点が特徴です。例えば最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT W05」の場合、2年契約であれば31,000円、3年契約なら39,400円ものキャッシュバックが受けられます。キャッシュバックを受けるためには振込銀行の情報を登録するなどの手続きが必要となります。また契約期間中にサービス内容を変更したり、解約したりした場合にはキャッシュバックは受けられません。

安心と安定の品質が魅力「UQ WiMAX」

UQ WiMAXはWiMAXの供給元であるUQコミュニケーションズ株式会社が提供するwi-fiサービスです。UQ WiMAXは速度、つながりやすさだけでなく、手厚いサポート体制が高く評価されています。

1:UQ WiMAXの速度について ~上りも下りも安定の速さが魅力~

UQ WiMAX (ユーキューワイマックス)とはUQコミュニケーションズ株式会社が提供するWiMAX回線です。UQコミュニケーションズ株式会社はKDDIグループの電気通信事業者です。KDDIは2003年からWiMAX技術開発に力を入れ、2009年から「UQ WiMAX」というサービス名称で実用化を開始しました。つまり、UQ WiMAXは、WiMAXの本家とも言える存在です。UQ WiMAXは 下り最大440Mbps、地下鉄や地下街でもつながりやすく、サクサク快適なネット環境を提供しています。スポットで見ると、渋谷周辺316Mbps、東京国際フォーラム周辺307Mbps、成田空港周辺285 Mbpsと首都圏を幅広くカバーしています。下りだけでなく上り速度も大幅に向上しており、機種により若干の違いはありますが、上り最大75Mbpsと、InstagramやTwitterなどのアップロードもストレスなくできる通信環境です。WiMAX回線でカバーされないエリアは、au 4G LTE回線を利用して最大速度708Mbpsの高速通信が可能なことから、全国どこでも快適なwi-fi環境が簡単に手に入ります。

2:UQ WiMAXの特徴とは ~万全のサポート体制で初めてでも安心~

UQ WiMAXは、WiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズによるwi-fiサービスです。WiMAXを開発、提供している本家本元の会社ゆえ、そのサポート体制は手厚く、安心して利用できることが特徴です。ネットから申し込むと、端末機器をその日のうちに発送してもらえます。早ければ翌日には端末機器が手元に届き、封を開けスイッチを入れたらすぐにインターネットが使用できます。外出する時はモバイルルーターをそのまま持ち運べばOK、いつでもどこでも、家の中でも外でもネット環境が整います。この手軽さ、回線の速度やつながりやすさに利用者からの信頼度と満足度は高く、すでに2000万件の契約数を誇っています。
回線WiMAXは幅広いエリアをカバーしていますが、LTE回線も使用できるプランにするとさらに使用可能エリアが広がります。このLTE回線との共存もWiMAXの大きな特徴です。LTEはWiMAXが届きづらいとされる地下や山間部、建物の内部などもカバーするため、WiMAXと組み合わせることで万全の体制を整えることができます。LTE回線を使用するためには、それに対応している機種で「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えてau 4G LTE回線を使用します。契約年数によって、このLTEオプションが無料の場合と1,005円/月のオプション料金が必要な場合があります。
UQ WiMAXは「TryWiMAXレンタル」といって、15日間無料でWiMAXをお試し体験できるサービスがあります。実際に使ってみてエリアの確認、速さ、使い勝手などを試してから契約することができるので安心です。分からないことがあれば電話サポートセンターに直接聞いて説明を受けることもできます。電話サポートは年中無休で通話料は無料です。こうしたサポート体制の充実も契約数の多さにつながっているのかもしれません。

3:UQ WiMAXの費用について ~シンプルで分かりやすい料金設定~

UQ WiMAXには様々な料金プランがあるため、自分の使い方に合わせて選ぶことができます。データ使用量の上限などを気にせずに、たっぷりと使いたい場合は「UQ Flat2+ ギガ放題」月額料金4,380円がおすすめです。契約年数は2年と3年があり、2年契約の場合はLTE回線を使う場合オプション料1,005円がかかりますが、3年契約にすれば無料でLTE回線も使うことができます。
あまり頻繁にネットは使わず、通信量がさほど多くない場合には「UQ Flat2+」月額料金3,696円にすれば月々の使用料金を抑えることができます。これはデータ使用量が月7GBまでとなっています。UQ Flat2+には契約年数に応じて料金プランが3つあります。UQ Flat2+2年は、月間7GB、LTEオプション料1,005円、3年は月間7GB、LTEオプション無料でLTE回線が使用可能、4年の場合も月間7GBまで、LTEオプションも無料ですが、auスマートバリューmineに加入していれば月間データ使用量上限なしとなります。月額料金は同じでも、契約年数に応じてサービス内容が変わってくるところに注目する必要があります。また、回線の混雑回避のため、3日間で10GB以上利用すると速度制限がかかるなどの規制もあります。