多彩なキャンペーンを上手に利用したい「BroadWiMAX」

Broad WiMAXはWiMAXプロバイダーの中でも後発組に入りますが、月額料金の安さや多彩なキャンペーンで注目を集めています。人気は月間データ容量制限なしのギガ放題プランです。どのプランでもLTE使用料が無料なことも大きな特徴です

1:BroadWiMAXの速度について ~業界史上最速!下り最大708Mbpsを実現~

WiMAXBroadWiMAXには「Speed Wi-Fi NEXT WX04」「Speed Wi-Fi NEXT W05」「L01s」の3機種がありますが、いずれもWiMAX2+、au 4G LTEに対応しています。L01sはホームルータータイプですが、従来のwi-fiのような工事は不要です。W04、W05タイプはポケットwi-fiのモバイルルーターとして使用します。最新機種のW05は4×4MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)という技術によってWiMAX史上最速の下り速度最大708Mbpsを実現させました。4×4MIMOとは複数データの超高速通信を可能にした技術で、4×4とはアンテナが基地局と端末に4本ずつあることを意味しています。またキャリアアグリゲーションとはWiMAXとLTEなど複数の帯域を同時に利用することで、さらに高速の通信速度をもたらす技術です。下り最大708Mbpsは端末のハイスピードエリアモードを設定した場合の速度となります。現在は東名阪の一部のエリアを中心にサービスを展開中です。

2:BroadWiMAXの特徴 ~多彩なキャンペーンを上手に利用すればかなりお得!~

BroadWiMAXとはインターネットサービス販売業者である株式会社Link Life(リンクライフ)が運営するWiMAX提供サービスです。WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供している通信規格の名称で、提供元であるUQコミュニケーションズはUQ WiMAXの名称でサービスを提供していますが、それ以外にも各プロバイダがWiMAXをUQからレンタルする形でユーザーに提供しています。BroadWiMAXはWiMAXプロバイダーの中では後発組に入りますが、後発組ならではのフットワークの軽さを活かして、他社にはない様々な新サービスを展開しています。その一つが「ご満足保証」です。これはBroadWiMAXから他社に乗り換える際に違約金を0円にするというもので、通信業界初のサービスとして注目を集めています。BroadWiMAXに契約したものの、期待したような通信環境が得られなかったり、利用状況が変わったので解約したいというような場合に、指定された回線であれば違約金なしで乗り換えができる仕組みです。これまでは途中解約すると多額の違約金を取られた上に、他社と契約し直すという面倒なプロセスを踏まなければなりませんでしたが、この「ご満足保証」はそれを逆手にとったユニークなサービスと言えるでしょう。また「全端末0円キャンペーン」では最新端末を含む全てのデータ端末の代金が無料となります。キャンペーン期間は2016年3月1日から始まっており、終了次期は現在のところ未定です。

3:BroadWiMAXの費用について ~圧倒的な月額料金の安さに注目!~

BroadWiMAXはその安さが大きな魅力です。データ使用量7GBまでのライトプランは月額料金2,726円です。普段あまりPCを使わなかったり、webサイトの閲覧やメールの送受信などがメインの人におすすめのプランです。ライトプランは最大で25ヶ月までで、それ以降は3,326円と料金が変わる点には注意が必要です。
月間データ容量制限なしで、たっぷり使いたい場合は「ギガ放題プラン」の一択となります。ギガ放題プランは最初の3ヶ月はライトプランと同じ2,726円で利用することができるので、どちらのプランにするか迷ったら、まずギガ放題プランにしておくといいでしょう。3ヶ月目以降は月額3,411円となります。プランは後から変更することが可能で、申請は1ヶ月に1回、月の25日までに申請すれば翌月から適用となります。LTE利用料が全て無料という点もBroadWiMAXの大きな特徴です。他社ではプランによって利用料が月額1,000円程度かかる場合もありますが、BroadWiMAXはライトプランでも無料となっています。
BroadWiMAXは初期費用が18,857円と高額なことがネックだと言われますが、現在実施中のWeb割キャンペーンを利用すればこの初期費用は0円となります。これは月額最安プランをWebフォームよりクレジットカード払いで申し込み、さらに「安心サポートプラス(月額550円)」、そし「My Broadサポート(月額907円)の2つの有料オプションをつけることが条件となります。この有料オプションはデータ端末到着後に無料で解約することが可能です。これを解約し忘れるとかえって費用が高くついてしまうので、この点には注意が必要です。このキャンペーンは2016年3月1日から開始され終了時期は現在のところ未定です。